30年目のさかあがり

アクセスカウンタ

zoom RSS ドゥービーブラザーズから階段

<<   作成日時 : 2005/03/11 10:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

キッチンで夕飯のかたづけをしていたら、テレビから懐かしい曲が流れてきた。ドゥービーブラザーズの[What a fool believe]。日産の車のCMだ。頬の奥に埋め込まれていたカプセルが割れて暖かいジェルが流れ出すように顔が熱くなった。

やだなあ、すっかり忘れていたのに・・腰と背中の痛みまでリアルに思い出した。

大学二年のこと。
晩生だった私にもようやくボーイフレンドができ、彼がちょっと高価なランチを食べに行こうと誘ってくれたのだった。普段はジーンズにシャツばかりの私でも、さすがにドレスアップしなくっちゃと張り切っていた。
時はサーファー、ハマトラ、ニュートラファッションの全盛期。彼は流行とは無関係なトラディッショナルな人だったけれど、ちゃんとした格好をしなくっちゃだったのだ。着道楽のおばあちゃんの血をひく母がそろえてくれたニュートラファッション。紺のボックスプリーツのスカートに卵色の薄手のセーター、ブランドロゴの形をしたバックルの皮ベルトをして、馬具っぽいゴールドの飾りのついたパンプスにルイ・ヴィトンのお気に入りのバッグというコーデネイト。
私にとっては生まれて始めての「お洒落なデート」だったのだ。

季節は秋の初め頃だったと思う。
高級住宅街にあるエレベーターのない4階建ての瀟洒なビルの最上階のイタリアンレストラン。ランチというのに何千円もするコース料理を御馳走になった。そろそろ帰りましょうとお店をでて、すぐ前の階段をエスコートされて降りようと一歩踏み出した時だった。
最上段の階段を踏み外した私は、一気に仰向けになったまま踊り場まで、十数段をすべり落ちたのだ。銀ちゃんの階段落ちくらいは、あっぱれな姿。

その時の背中とお尻の痛みを、そのまんま思い出してしまった。外装タイルの薄いグレーのテクスチャーと冷たさと堅さまで、なにもかもが今日あった出来事のように蘇る。

恥ずかしいのと痛いので、涙がこぼれそうになるのを必死でこらえながら、彼に支えてもらってなんとか立ち上がった。だしじゃこをおやつ代わりに食べて育った骨丈夫。幸いにも打ち身だけで済んだものの、しばらくは動けず、まさに泣き笑い顔。彼は心優しい人で、その後もドジな私に飽きる事なくおつき合いしてくれたから、トラウマではないはず。レストランのBGMで流れていたんだろうか?それも記憶にはない。なぜ、この曲なのかはわからない。この歌詞の通りになったのは、何年も何年も先の事だったのに。ドゥービーブラザースなんて好んで聞いたりしなかったのに。ああ、なんてこと!

1980年頃。サーファー御用達のウェストコ−ストっぽいサウンドが全盛だった。街中何処へ行っても、こんな底抜けに明るい音楽が溢れていた。オ−ルマンブラザ−スバンドやシャカタク・・・ちょっと違うかもしれないけどサザンオールスターズなんかも。無意識に日常事のように耳にしていた音楽が、学生時代の何気ない思いでと繋がりあっているのかもしれない。すっかり記憶から遠ざかっていた若き日の自分を、本棚を整理していてこぼれ落ちる一枚の写真を拾いあげるように、思い出させる曲があるんだなあ。

なかなか顔のほてりは消えない。
いっそドゥービーのベストアルバムでも買って、洗いざらい思い出して笑い飛ばすしかない?

グレイテスト・ヒッツ
マイケル・マクドナルドのヴォーカルがこんなに艶やかで美しかったなんて!当時は思いもしませんでした。ちなみに、日産のCMにつかわれているのはドゥービーではなくマット・ビアンコのカバーということです。
グレイテスト・ヒッツ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ウルトラな可愛い記憶。。。いいなあ〜
わかるわかる!!!笑
音楽から記憶がよみがえってくること最近CMで多いですよね。
顔から火がでる!!うんうん。最高級に素敵。笑
私もシャカタクもレッド・ツェッペリンのLPも
なぜか捨てられず、もう、聞けないけど、大事に保存してます。
80年代はキラキラした時代だと思っている一人です。

小市民
2005/03/11 12:56
そう、LPレコードは何故か捨てられませんよね。

無垢な頃のお話でございます。
さかあがり
2005/03/11 13:26
さかあがりさん!doobie! 愛しの!?doobie brotehers! って感じ。
AOR 全盛でしたね♪ ハマトラ、ニュートラ、サーファー.....。
正に、私達の世代ですね。好景気で、みんな少し浮かれていた様な。。
what a fool believe♪ は、私も大好きです。
確か、高校卒業前辺りに、hit!していたと思います。
卒業旅行で、友と飛騨高山に行った時、高山の喫茶店でも流れていました。
3月だったのかな?? 
凄く寒かったけど、doobieの曲聴きながら、
味わい深い喫茶店で出された濃厚な珈琲とオムレツが美味しかったこと!★
今だに思い出します。(食いじが、はっているとも言えますが。。)
minute by minute 確かLP持っていると思うけど、しまっているので(奥深く)
CD でも買って聴き直そうかな!!マイケル・マクドナルド加入で、ガラッと曲調が変わった1枚でも有りますね。listen to the music も好きだけど、このアルバムの軽い乗り!?も結構、気に入ってます。
さかあがりさんの少し甘酸っぱい青春!の思い出ですね☆
一人靜
2005/03/12 20:47
doobieはね、私一枚ももってなかったんですよー。
でも、なんだかやたらと懐かしいなあ〜って
ベストアルバムを次の購入予定リストに加えちゃいました。
Listen to the music---はいはい、耳たこくらい、有線でかかってました。
ギターのイントロがかっこいいLong train runingも超懐かしいですよね。

そう、ペンションなんかも沢山できた頃。
さかあがり
2005/03/13 16:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドゥービーブラザーズから階段 30年目のさかあがり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる